誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

犬の無駄吠えに悩んでいませんか?吠える犬の正しいしつけ方とは?

ニュース

犬の無駄吠えに悩んでいませんか?吠える犬の正しいしつけ方とは?
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

「愛犬が吠える」というお悩みは飼い主さんのお悩みで実は最も多いんです。自宅にお客を招いた時に吠えたり、散歩中に通りすがりの犬に吠えたりという悩みの他に、飼い主さんたちが食事をしている間、ずっと愛犬が吠えているというお悩みもあります。

飼い主さんが「うるさいな。」と思って過ごせないのが無駄吠えの悩むところですよね。すぐ吠えると何かと近所迷惑になりますし、通りすがりの人をワザとじゃないけれど驚かせてしまうこともあります。人と愛犬とが気持ちよく暮らせるように、無駄吠えをしないようにトレーニングをしておいたほうが愛犬のためにもなるでしょう。
そこで今回は、犬が吠える原因と、原因別の対処方法をご紹介します。

まず前提として・・・犬は吠える生き物です。

犬は人と作業を共に行うため、様々に改良されてきました。少し前まで、犬の吠えるという行動は、猟犬や番犬として活かされていた、という背景もあります。不審者の存在を教えてくれたり、羊の大群をまとめたり、獲物の存在を教えてくれる犬たちは、当時の人間にはなくてはならない存在だったのです。

私たちの暮らしが変わっていくにつれ、犬がむやみやたらに吠えてしまっては困りますので、犬は性質として吠えるものだということを理解した上で、なるべく吠えないようにきちんとトレーニングをしてあげましょう。

出典 http://wanpedia.com

どんなときに犬は吠えるのでしょうか?

警戒吠え

何かに対して恐怖や不安を抱き、警戒して吠えるという行為につながるケースです。

たとえば・・・

★ 知らない人が近づいてきて吠える

★ お散歩中に他の犬とすれ違ったときに吠える

★外の物音に対して吠える

★ 玄関のチャイム音に吠える

など

こういったときに吠えるのは、恐怖心が大きな原因なのです。対処方は恐怖を抱く対象自体を取り除いてあげるか、「怖い」というイメージを「嬉しい・楽しい」というイメージに変えてあげればよいのです。

出典 http://wanpedia.com

要求吠え

何かしてほしいことや欲しい物がある、という要求から吠えにつながるケースです。「ワン!」と吠えることをもありますが、吠える以外にも要求の仕方はさまざま。鼻を鳴らしたり(ピーピーと鳴いたり、フーンフーンと鳴くこと)、前足をかける、あごを乗せるなど、要求の仕方は色々あります。こういった要求がエスカレートすると、要求吠えにつながるので、吠える以外の要求行為についても対処する必要があります。

たとえば・・・

★ 夜鳴きをする

★ 抱っこしてほしくて鳴く

★ お散歩の準備を始めると吠える

★ クレートから出してほしくて鳴く

★ 人間のゴハン中に吠える

など

犬はなぜ要求するのでしょう?

それは人間がその要求に応えてしまっているからなのです!要求吠えの直し方は至ってシンプル。「要求に応えない」、これだけです。

出典 http://wanpedia.com

警戒吠えはどんなときにするの?

犬が不安や恐怖を感じる対象は様々です。知らない人、クルマの音、雷、家の外から聞こえる音、他の犬などなど。傘に対して恐怖心を抱いたり、海の波におびえる子もいます。玄関のチャイムが鳴ると吠えてしまう子の場合、吠えの対象は玄関のチャイムの音、もしくは来客です。そう、多くの犬は来客に恐怖を感じ、吠えてしまうことが多いのです。

出典 http://wanpedia.com

警戒吠えのトレーニング

恐怖対象を取り除く

この方法は言葉の通り、吠えてしまう対象を取り除くことで、吠える行動を止めさせる方法です。一番シンプルで人が取り組みやすく、犬にもストレス少なくできるトレーニング方法です。たとえば、他の犬を見つけたときに吠えてしまうような子には、他の犬とすれ違わないように進路を変えたり、飼い主さんが立つ場所をズラして、他の犬が見えないように愛犬の視界を遮ったりして、吠える対象を隠してしまうのです。

しかし、これでは根本的な解決には至らないケースや、雷・来客などを完全になくすことはできませんので、これでは根本的な解決には至らないケースが多いです。その場合は次のようなトレーニング方法がオススメです。

出典 http://wanpedia.com

「怖い」を「嬉しい」というイメージに変える

警戒吠えの多くは恐怖を感じて吠えてしまう犬が多いですが、それを嬉しい気持ちに変えることができるトレーニング方法があります。イメージしやすいように、例を用いてお話しましょう。

出典 http://wanpedia.com

人に対して恐怖を感じ、吠えてしまうケース

お散歩中、見知らぬ人を見るとワンワンッ!と吠えてしまう場合は、お散歩中に出会った人にお願いしておやつを手渡し、その人から愛犬におやつをあげてもらいます。この時、犬が吠えてしまっていても問題ありません。「見知らぬ人は怖い人じゃないんだよ~。おやつをくれる素敵な人なんだよ~。怖くないでしょう?」と教えてあげることが重要なのです。吠えている状態でおやつをあげても大丈夫なのですが、気を付けなければならないポイントが2つあります。



■ポイント1:常におやつをあげられるようスタンバイしておくこと

おやつを貰える時と貰えない時があると、犬の感情は「怖い⇒嬉しい」に変化しづらくなります。なので、どんなときも必ずあげられるよう、犬が吠えそうな時にはオヤツを準備しておくことが大事なのです。



■ポイント2:美味しいおやつを使うこと

おやつをあげようとしているのに、食べない…。こんなこともあるはずです。こんな時は今使っているおやつより、もっとその子が好きなおやつを準備してみましょう。

人間で例えるなら、「お使いを頼まれた時、10円のお駄賃と10,000円のお駄賃、どちらのお駄賃だったらお使いに行きますか?」と天秤にかけられたとき、どちらの方がお使いに行くか、考えてみると分かりやすいと思います。

こうしておやつをたくさんもらうことで、恐怖や警戒する対象から、「おやつをくれる人」という嬉しい対象に変わっていくはずです。犬の様子も必然的に変わっていきますよ。

出典 http://wanpedia.com

玄関のチャイムに吠えてしまうケース

上記のトレーニングは、玄関のチャイムや雷の音などに吠えてしまう場合にももちろん有効な方法です。ただし、恐怖や警戒対象(音)からおやつを貰うことは難しいので、飼い主さん自身がおやつをあげるといいでしょう。「チャイムが鳴るとおやつがもらえる。」「雷が鳴るとおやつがもらえる。」というイメージをつけてあげてください。

もし、これらの方法で改善が見られない場合は他にもトレーニング方法がありますので、うまくいかなくても焦らないで。他のトレーニング方法には少しコツが必要なので、上記のトレーニングでうまくいかなかった場合は、お近くのドッグトレーナーに相談してみることをオススメします。

出典 http://wanpedia.com

飼い主さんの態度も見直す必要があるかも?

吠えてしまう犬のトレーニングをしている途中で、吠える対象に出会ってしまった場合、慌てて犬に声をかけてしまったりしていませんか?

「○○ちゃん!大丈夫だからね!吠えないのよ!ほら!こっち向いて!」などバタバタとしてしまうと、犬はその様子を感じ取り、余計に落ち着きづらくなってしまうことがあります。平然とした態度で、「別に怖いわけじゃないのよ。」と接することも大事なことです。

出典 http://wanpedia.com

要求吠えはどんなときにするの?

犬は構ってほしい、おやつが欲しいなどの要求を表す行動をとることがあります。その行動は犬によって様々ですが、多い要求の行動としては吠えたり、鼻を鳴らしたり、あごを乗せたり、前足を人にかけてきたり、などです。

最初はかわいらしいと思っていたこのような仕草でも、特に吠えに関しては、どんどんエスカレートしてしまうと、飼い主さんもストレスを感じてしまうようになるかもしれません。今回はそんな要求吠えの対処方法についてお話いたします

出典 http://wanpedia.com

要求吠えのトレーニング

なぜ犬は要求をするのでしょう?

犬が要求をしてくる理由、それはズバリ、人間がその要求に応えてしまっているからなのです!要求吠えと飼い主さんの対応例をいくつかあげてみましょう。

■CASE1:ごはん

[犬]ごはんの前に吠える。

[飼い主さん]吠えている犬に、そのままごはんをあげる。

■CASE2:クレート

[犬]クレートやハウスで吠える。鼻をピーピーと鳴らす。扉をカリカリする。

[飼い主さん]クレートやハウスから出してあげる。声をかける。抱っこする。犬を見る。

■CASE3:お散歩

[犬]飼い主さんがお散歩の準備を始めると、ワンワン吠える。

[飼い主さん]吠えている要求に応えて、お散歩に行く。

こんな風に接していると犬はいつしか、「自分が吠えれば(要求すれば)、飼い主さんは言うこと聞いてくれるんだ!」と学習してしまうのです。そして、驚かれる方もいらっしゃるかと思いますが、実はかまって欲しいという要求している犬に対して、「チラリ」と目線を配るだけでも、自分の要求が通ったと感じる犬もいるのです。要求がひどくならないようにするには、私たち人間の習慣を見直すことが、トレーニングの大切なポイントになります。

出典 http://wanpedia.com

要求に応えないことがトレーニング!

トレーニング方法は至ってシンプル。「要求に応えない」、これだけです。先ほどの例題で例えるならば、以下のような方法となります。

■CASE1:ごはん

[犬]ご飯をあげる前にワンワン吠える。

[飼い主さん]吠えている犬には、ごはんを与えない。吠えやんだらごはんをあげる。

■CASE2:クレート

[犬]クレートやハウスで吠える。鼻をピーピーと鳴らす。扉をカリカリする。

[飼い主さん]クレートやハウスから出さない。声をかけない。犬が目線を向けられたと感じないようハウスにタオルをかけて目隠しする。犬が落ち着いてからクレートやハウスから出してあげる。

■CASE3:お散歩

[犬]お散歩の準備を始めると、ワンワン吠える。

[飼い主さん]吠えている状態ではお散歩に行かず、お散歩の準備もやめる。そして静かになってからお散歩に行く。

このような対処をすることで、犬は「な~んだ。要求しても意味がないんだ。むしろ落ち着いていた方が良いこと(お散歩、ご飯等)が起こるんだ!」と学習し、要求吠えを止めてくれます。

出典 http://wanpedia.com

トレーニングに必要な期間

トレーニングを開始して、どのくらいの時間で吠えやむかは犬の性格によるため、一概には言えません。しかし要求吠えが止むまで、犬の要求に応えないことが難しい場合もあると思います。

たとえば子犬をハウスで一人で寝かせようとしたとき、ひとりで寝るのが嫌で、キュンキュン、ワンワンと吠えたとします。ここでかわいそうと思って、ハウスから出して抱っこしてあげる等の行動は、要求吠えをエスカレートさせる原因の代表例です。では、我慢して放っておけばいいかというと、夜遅くにワンワンと吠えられてしまっては、ご近所迷惑にもなりますし、飼い主さん自身も寝られなくて困ってしまいますよね。要求に応えるような行動は避けたいけど、吠え続ける状態にしておくこともできない、とても難しい状況です。

こんな時は要求吠えをしないような環境作りをしましょう。先ほどの要求吠えの例であれば、犬が寝る前にハウスにオヤツを詰めた知育玩具を一緒に入れることで防げる場合があります。この方法を使うと、子犬は最初オヤツが詰められた知育玩具に夢中になり、全部食べ終えるころには、疲れ切って寝る、気づいたら朝…という環境に近づけることができるのです。

出典 http://wanpedia.com

犬が吠えるときには、状況によってちゃんと理由があるのですね。

どんなときに愛犬が吠えているかを知って、正しくしつけをして、人と犬が快適に過ごせるようにしたいですよね。

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう