今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

これから犬を飼う人必見!子犬が家にやってくるまでに準備すべきこととは?

ニュース

これから犬を飼う人必見!子犬が家にやってくるまでに準備すべきこととは?
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは

これから犬を飼う予定の方も、初めて犬を飼う準備をしている方も、子犬が家にやって来る瞬間はすごく心が踊りますよね。

これから始まる可愛い愛犬との生活ですが、犬が困らないために、子犬が家にやって来るまでに準備しなければならないことはたくさんあります!
準備をしっかりとして、万全の状態で子犬をお迎えしたいですよね!

そこで今回は、事前に準備すべきもののご紹介します。

子犬を迎えるときに考えること

1.愛犬の病気やケガに備えていますか?

2. 子犬は絶対に気をつけて!注意すべき病気と怪我

3. 信頼できるかかりつけの獣医さんを見つけよう

4.子犬に社会性を身につけてもらうために!

5.獣医師が徹底解説!犬の去勢について

6.獣医師が徹底解説!犬の避妊手術について

7.獣医師監修!犬に接種すべきワクチンとは

8.「犬の多頭飼い」気を付けるべきことは?

9.愛犬から愛される、頼れる飼い主になるには

10.獣医師監修!犬のワクチンで気をつけるポイント

11.ワクチンで予防できる犬の感染症

準備するものは?

トイレシーツ

子犬消耗品のトイレシーツはたくさん準備しましょう。おしっこをしたあとのトイレシーツを片付けるために、ビニール袋もたくさん準備しておくといいでしょう。

出典 http://wanpedia.com

おしり拭きシート

トイレをしたとき、子犬のからだをサッと拭けるおしり拭きシートがあると便利です。

出典 http://wanpedia.com

おもちゃ

トイレトレーニングで使うので、お迎え当日でも1個は準備しておいたほうがいいでしょう。

出典 http://wanpedia.com

水飲み用の器と食事用の器

陶器やステンレス製など、消毒できるものがオススメです。プラスチック製の容器は、割れたときに雑菌が繁殖しやすいので、傷ついた場合はすぐに取り替えてあげましょう。

出典 http://wanpedia.com

フード

いきなりフードを切り替えると食べてくれなくなる可能性があるため、子犬がもともと食べていたフードを確認しておいたほうがいいでしょう。

出典 http://wanpedia.com

はかり

子犬の体重は1kg前後と非常に軽量です。そのため、与えるフードが1g違うだけで、ものすごい差になります。きちんと正確にはかってからあげるとよいでしょう。

出典 http://wanpedia.com

サークル(ケージ)

可能な限り、余裕のある大きさのものを選びましょう。キレイ好きな子はトイレシーツと寝る場所が隣接していることを嫌うこともあります。トイレシーツとベッドをある程度離して設置できるよう、広めなサークル(ケージ)を選ぶといいでしょう。

出典 http://wanpedia.com

クレート

お迎えした犬の体に合う大きさを選びましょう。成長時、どれくらいの大きさになるのかも考慮した上で選ぶ必要があるので、購入先で店員さんに相談してみましょう。子犬には大きすぎるようであれば、タオルなどを丸めて入れるなどして、スペースを調整するといいでしょう。

出典 http://wanpedia.com

ベッド

子犬が寝るスペースです。オープンタイプから洞窟っぽくなっているもの等、さまざまなタイプがありますが、気をつけなければならないのはベッドの高さ。高さがあるベッドの場合、子犬が飛び降りたときに骨折する可能性があります。段差が低いものを選びましょう。

出典 http://wanpedia.com

消臭剤

子犬がトイレを失敗することはよくあることです。カーペットやソファ、布団の上などにおしっこをしてしまったとき、犬専用の消臭剤があると便利です。

出典 http://wanpedia.com

徐々に揃えるもの

トイレカバー

好奇心旺盛な子犬は、飼い主さんが不在なときに、トイレシーツをビリビリに破いてしまう可能性もあります。シーツを破られないよう、トイレカバーがあると安心です。

出典 http://wanpedia.com

おもちゃ

投げたボールを子犬に取ってきてもらったり、ひっぱりっこできるようなロープ状のおもちゃを使った遊びは、子犬とのコミュニケーションを取る上で必要です。いろいろな種類のものがありますので、その子お気に入りのおもちゃを見つけましょう。

出典 http://wanpedia.com

キャリーバッグ(ソフトタイプ)

クレートがあれば十分ではあるものの、クレートの欠点は結構重さがあるということ。布製のキャリーバッグがあれば、ちょっとしたお出かけのときなどは便利です。デザイン性の高いものも多いので、可愛いバッグを探してみては?

出典 http://wanpedia.com

ブラシ

長毛種のお手入れに使うコームや、毛玉ほぐしに使うスリッカーブラシなど、用途によってさまざまなブラシがあります。ブラッシングをしながら、足先や口先などの敏感な部分を触ることで、触られることに慣らしてあげましょう。

出典 http://wanpedia.com

体拭きシート

ワクチンが終わるまではお風呂に入れてあげられないので、ワクチンを3回接種していない子をおうちに迎える場合は、体拭きシートがあると便利です。

出典 http://wanpedia.com

おやつ

トレーニングをするにはご褒美が不可欠です。消化しやすいように作られている、子犬用のおやつを準備しましょう。ただし、与えすぎには要注意!

出典 http://wanpedia.com

首輪

子犬のときは皮膚がまだ弱いので、革製などの堅い素材のものは避け、できるだけやわらかい素材の首輪を選びましょう。

出典 http://wanpedia.com

リードかハーネス(胴輪)

いきなりリードやハーネスをつけても、子犬が普通にお散歩してくれるとは限りません。ワクチン接種前から購入し、おうちの中でつけさせて、慣れさせておくといいでしょう。首輪は首にかかる負担が大きいので、首が細い小型犬などはハーネスを選んだほうがよさそうです。

出典 http://wanpedia.com

飼育に必要な費用は?

犬を飼うにはお金がかかります。犬は生き物ですから、家に迎え入れるまでの出費とあわせて、飼育上の様々な出費があることを念頭に置いた上で、迎え入れる必要があります。突然病気にかかることもあるでしょう。事故にあって手術をしなければならなくなるかもしれません。もしものときに備えて、愛犬のために使えるお金をきちんと確保しておく必要があります。では一体いくらくらいかかるのでしょうか?

出典 http://wanpedia.com

子犬のためのお部屋作りも必要です

子犬を迎える前に必ず準備しておかなければならないのが、子犬のお部屋ですよね。初めておうちにやってきた子犬に安心感を与えてあげるためにも、お部屋づくりはとっても大切です。それでは子犬が快適だと感じるのはどんなところなのでしょうか?子犬が安心して過ごせるお部屋づくりについて解説します。

出典 http://wanpedia.com

いよいよ!お迎え当日。その流れとは?

お迎えに行くときは、子犬が安全に移動できるよう、クレートを持っていきましょう。子犬を連れて帰るときには抱っこではなくクレートに入れて、なるべく揺れが少ないようにゆっくり歩いてあげてください。受け取る際は、次のトイレの時間とごはんの時間を聞いておくといいでしょう。また、夜ではなくて日中のうちにおうちに連れて帰ります。飼い主さんにとっては新しい家族でも、子犬からすると見ず知らずの人。慣れない環境や知らない場所に連れて行かれるのは不安がいっぱいです。夜、ひとりで寝るときまでに、少しでも環境に慣れる時間が持てるよう、日中にお迎えに行ってあげましょう。

出典 http://wanpedia.com

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは

カテゴリー

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!